2020年10月15日木曜日

高次脳機能障害に関連する書類を久しぶりに見つけて∼パート2~

 こんにちは。みやびです。

前回の続きで私が響いたり共感した言葉や新たに知った説明などを紹介したいと思います。

文献名 『高次脳機能障害と家族のケア 現代社会を触む難病のすべて』筆者 渡邊修より

・社会のなかで生きる技術を磨く(180)

・私は家庭に戻ったら、社会の中で生き抜いていく技術を磨くことが、高次機能障害に対する効果的なリハビリテーションだと考えています。(180)

・彼女は進級できず、何度も留年しながらも4年間頑張って専門学校へ通い続けました。そこではじめて、はたと自分の障害の状況を認識し、違う職業に転向したのです。果たして彼女は無駄な時間を過ごしたのでしょうか。

 私は、この4年間は、彼女にとって自分の能力を知る良い機会になったのだと思います。時間はかかったかもしれないけれど、決して無駄ではなかったのです。(184)

・一つは、自分の障害に少しでも気づくということです。同じような作業をしてみると、「以前にできたことができなくなった」ことに気づきます。自分の能力をおのずと知ることになるのです。障害に気づく。これは、かぞくが「あなたはできなくなったのよ」と論してきがつくものではありません。(185186)

・自分で気づくことが大切です。ここから次のステップに進むのです。

 もう一つは、~さんにとって自分の決める作業に取り組むことで、イライラ感や奥様に当たるといった態度が改善する可能性です。(186)

□大学生だった頃、病院でリハビリを頑張ったり指導してもらい、自身の高次機能障害の症状がもっと良くなったり適応するものばかり思っていました。(発症してから退院してからずっとリハビリを週1でやってもらい回復してきたり以前と比べよくなってきたから病院でのリハビリが元の身体になれる治療だと思っていたから。)しかし、それは難しかった。主治医やリハビリの先生から「社会に参加して社会に入りその中での生活がリハビリ」だと言われた。本当にそうだった。大学卒業後、社会人になり就労移行支援事業に通いながら自身でできることや自分で新しいところへ障害に気を付けながら、挑戦したり取り組めた。私のこのような経緯があったことや就労移行時、ずっと一般就労ばかり目指しており就職活動に何十回と失敗し、改めて、自分の障害について学ぶという選択をし、自分の能力を感じ、今その当時考えていなかった道や嫌がっていた場所でスキルや経験を積もうと精一杯仕事を頑張っている。以前の失敗や気づきがあったから今の自分がいる。だから、自分と少し当てはまったり共感できるものがあったから上記の文献の説明や言葉に響きました。

2020年10月12日月曜日

高次脳機能障害に関連する書類を久しぶりに見つけて∼パート1~

 先日、自宅の自分の部屋の机周りを片付けていると、1月あたりから自身で学んでいた作成していた高次機能障害に関する書類が出てきました。それは、自分の高次脳機能障害についてより学ぼうとしていて、私が響いたり共感した言葉や新たに知った説明などを自分でまとめた書類でありました。

今回、数回に分けて、私が響いたり共感した言葉や新たに知った説明などを紹介したいと思います。

文献名 『高次脳機能障害と家族のケア 現代社会を触む難病のすべて』筆者 渡邊修より

・自分の障害を理解する

 注意が行き届かないために、~病気をした後に怒りっぽくなったのに、自分では「そのようなことはない」という人もいます。このように、自分の障害に気づかない、自覚できないという症状が、高次脳機能障害の中にあります。これは、ひとことで言うと、「病識の低下」です。(頁173)

・病識の低下は、リハビリテーションを進めるうえでも家庭や社会で生活するうえでも、大きな阻害要因になります。(頁174)

・この症状は障害のすべてに対して自覚が低下するということではないようです。(頁174)

・高次脳機能障害者は、すべてに無関心の時期(ステージ1)、身体面の問題に気づき、それに対する葛藤の時期(ステージ2)、以前の自分とは違うことに気づく時期(ステージ3)、それに葛藤し、ともすると行動障害が表れる時期(ステージ4)、そして最後に自分自身の能力を知る時期(ステージ5)を経て、社会に戻っていくのです。高次機能障碍者は、これらのステージを互いに重複しながらも、社会参加に向けて、一歩一歩成長していくように感じます。

 障害への意識とは、たんに「私は記憶力が悪い」と知っているだけでは不十分なのです。できないことを理解し、自分で「メモをとろう」として補うなど実生活に活かされていなければいけません。そのために、実生活へのリハビリテーションが重要となってくるのです。(頁174~176)


□これらの言葉や説明は、これまでの人生を振り返って、納得できたり、そうだったのか、自身の次の気持ちへと移してくれる言葉ばかりすでに知っていた言葉などもありましたが、改めて、障害認識や高次脳機能障害について向き合わないといけないと知った最初のところでした。


2020年9月18日金曜日

高次脳機能障害について皆さん知ってますか

 

初めまして、初投稿します「みやび」です。

私の障害は身体障害(左半身麻痺)と高次脳機能障害を持っています。

身体障害は外見や車椅子を使用していると皆さん想像できるかと思います。

しかし、高次脳機能障害は、外見ではわかりづらい障害で脳に何らかの支障が

起こっている状態を指します。

簡単に、説明しますと、事故や病気によって、脳に損傷を受けると、様々な後遺症が出てきます。集中がしにくくなる、記憶が難しくなるなど、脳の動き(認知)に様々な症状が出てくることが主な特徴です。

以前からできていたことができなくなるだけでなく、もともと苦手になるのも、

高次脳機能障害の特徴であります。

私自身、発生した当時は本当に一般化した意味や自身の症状の意味しか知りませんでした。

苦手なところはあるが、リハビリや日常生活を通じて、以前より改善してる、他の人よりできる、特に大きな支援などは受けていないから大丈夫と思っていました。

しかし、大学卒業して、縁あり自身の高次脳機能障害について考えたり、他の当事者の方と交流するプログラムに参加しだし、新しい知識や相手にどう配慮などをしてもらえたらいいか学びもう1クール行っています。








2020年2月21日金曜日

突然のカラオケ大会!

2020年2月20日14時過ぎから、レクリエーションとして近所のジャンカラにカラオケに行きました。

参加者は8名でした。
並びの部屋二つの予約が遅刻してキャンセルになり、少し待ってから離れた部屋二つに分かれて入室しました。時間は1時間、延長なしです。

これからみんなで楽しく歌いましょう♪
でも、ちょっと緊張してるかな?

佐久間社長がみんなの緊張をほぐすために歌ってくれました♪
まるでコンサートみたいで素敵♪

盛り上がってきました♪ノリノリです♪

一時間という短い時間でしたが、二つの部屋を行き来して、みんなでマイクを回してデュエットや合唱したり、あいの手を入れたり拍手もいっぱいで盛り上がり、楽しく交流できました。

次回は今回行けなかった人も、みんな一緒の大きな部屋で、もう少し時間をとって行きたいですね♪

参加された皆さんお疲れさまでした。

2020年2月18日火曜日

コミュニティサロン「ひまつぶし」のご紹介

ご無沙汰しております!
ししんは相変わらず元気です!!

本日は就労支援センターししんの事業の1つである、コミュニティサロン「ひまつぶし」のお仕事について軽くご紹介しようと思います。

コミュニティサロン「ひまつぶし」では、主にご高齢の方の機能訓練のために健康麻雀・麻雀教室・将棋・ぬり絵・パソコンなどをしていただいています。その中でも健康麻雀とは、読んで字のごとく喫煙しない、お金を賭けない健康的な麻雀のことです。

ししんではこのコミュニティサロンを障がい者の就労継続支援A・B型事業の一環として運営しています。

コミュニティサロンひまつぶし場内写真(令和2年2月18日撮影)

ここで、障がい者の施設利用者さんのお仕事を紹介したいと思います。

ある利用者さんは、サロンのお客様の接客応対・顧客管理・ホームページの管理更新・麻雀の番付表の作成などを担当されています。

作業デスク

また、もう1人の利用者さんは接客応対・お客様への喫茶業務・麻雀牌の掃除・麻雀や将棋の代打ちなどを担当されています。

喫茶業務

そのほかの利用者の皆さんは、主に麻雀や将棋の代打ちと場内のお掃除を担当されています。

場内のお掃除業務

コミュニティサロン「ひまつぶし」は、昨今の健康志向もあって連日お客様で賑わっております!

一名様でおいでの方でも施設利用者が麻雀や将棋のお相手をいたします!
また、定期的に麻雀教室を開講しております!

コミュニティサロン「ひまつぶし」は、女性のお客様もご利用しやすい場所づくりにも努めておりますので、ぜひぜひ一度お立ち寄りくださいませ^^

2019年5月6日月曜日

散策に行ってきました

令和元年5月2日(木)10時。

五月晴れのなか、利用者の皆さんと散策をしてきました。
参加者は職員を含めた計5名です。

行き先は、二条城と三条商店街の見学を予定。シシンから堀川通りを二条城へ。近づくにつれ道行く人が増えてるなぁ・・・と思いつつ、たどりつくと入口まで長蛇の列が出来ています。係の人に聞くと、入場まで25~30分はかかるとのこと。残念ながら時間が無いので記念写真を撮って、三条商店街へ戻ります。

入場をあきらめて写真だけ・・・

東の端の堀川通りから、商店街を見学しながら西へ歩きます。

近くにお住まいの利用者さんのガイドで楽しく見学できました♪

令和元年の記念キャップ?商店街の帽子屋さんです。

三条商店街の名物?飛び出しとび太くん。

西の千本通りから、二条駅前にあるBiviに足をのばし見学しました。

二階のゲームセンターに令和Tシャツが。

千本通りから後院通りを斜めに下ってシシンに帰ってきました。
約2時間の散策でした。帰りは少し汗ばむくらい気温が高くなってきましたね。
参加されたみなさん、たくさん歩いて、お疲れ様でした。

洪水を想定した避難訓練

おはようございます!
就労支援センターししんのくらま天狗です。

シシンの入居しているビルのある地域が、河川の氾濫などによる浸水危険区域になっていますので、水害時や土砂災害を想定した避難確保研修と訓練が実施されました。

まずは、災害時の避難場所である京都市立洛友中学校への避難経路の確認を。

非常階段で避難できます。

また、シシンの入居している四条ファーストビルには、窓側に非常用ハシゴの設備も用意されています。

非常用ハシゴ

ビル一階に集合しました。

避難場所である学校へ向かいます。

四条通りは歩行者も多いです。

ここの横断歩道少し危険なので左右しっかり確かめて。

会社に戻って社長からの講義を受けています。


就労支援センターししんには足の不自由な方もいらっしゃいますので、避難時にはそういった方々を優先して避難させることを確認しました。また、ネットで被害状況を確認、避難指示・避難勧告などの情報を収集し利用者・職員に伝える、避難時には周りの人への声かけをする、など職員の役割分担が確認されました。

シシンはビルの4階にありますので、状況によっては建物内にとどまる選択肢も考えられる、とのことでした。


私、くらま天狗も以前の勤務先で東日本大震災を経験しております。ですので、災害時に集団でパニックにならないよう、普段から避難訓練をしておくことの大切さを痛感しております。緊急時の情報収集、避難経路確保、非常階段への誘導など、適切に行動できるように気を付けていきたいと思います。